2018/03/07

変わるライブラリー


視聴覚ライブラリー総数を統計から見ても、最盛期の半数程度までに減少しており、映画や録画教材貸し出しを行うだけの組織の存在意義が問われているように見えます。
 しかし、それはそれで、地域に大きな影響力を持ちうる文化事業として否定するものではありませんし、逆に映像文化はしっかりと根付いている事を認識した上でコメントすべきでしょう。 しかし、繰り返し述べてきましたが、ICT化した社会の中で、メディア環境は多様化し、“インスタ映え“が流行語になったように、今では、誰でも写真や動画を見聞きするだけでなく、撮り創り送り交流する事が日常化している事はご存じのとおりです。
 
当然の事ですが、そこには世代や生活環境によって、見聞きすることも、ましてや創ることなどと縁遠い方々との格差を生み出し、弱みに付け込んだ、情報犯罪の多発など情報リテラシーの脆弱さが問題になっているのも現実でしょう。
 アクティブラーニングと言われますが、今日の学校は無論のこと一般社会も、受身の学び時代ではないと思うのです。 各地で、積極的に活躍しているのは、自らが社会問題や学習課題等に主体的に取り組む、学びのサークルやボランティアグループ等であることに注目したいのです。
 
これからのメディアは、むしろそれらのグループや団体等の主体的活動により、“学び・創り・送り・使う”ことになるのではないでしょうか。
 視聴覚ライブラリーも、そんな市民メディア活動支援の機能をメインに考えるべき時代に入っていると思うのです。 各地方の自作視聴覚コンクール等を見ても、学校が自作教材の大半をしめていた時代から、個人や地域の同好会やグループ等の作品が多くなっているようです。
 
また、ICT関係の技術講習などもNPOやボランティアグループが主催して成果を上げているケースも多くみられます。 社会教育施設のみならず広い意味での生涯学習として、高齢者施設や保育関係施設、あるいは介護施設等々でのメディアを使った活動を行うボランティアも増えています。
 
視聴覚ライブラリーを唯の“映画や録画教材の貸し出し機関”から、ICTを駆使し、メディアを学び・創り・送り・使うための学習機会の共有、技術支援、機器及び環境提供をサポートする地域メディアセンターとしての発想に転換すべき時期に来ているようにも思うのです。