2019/04/19

情報の収集と交流


10連休と「令和元年」も目前、皆さんそれぞれの立場でご多忙な日々を過ごされている事と思います。
 今回のブログは、特に今年度新たに視聴覚センター・ライブラリー業務を担当することになった皆さんにぜひ閲覧して頂くためにUPしましたのでよろしくお願いします。
 その訳は、各道府県及び地域視聴覚センター・ライブラリー関係を担当されている皆さんに全視連が取り組んでいる各視聴覚センター・ライブラリー活性化支援の為全国大会や講師派遣事業、調査研究等を通じて、これからの教育メディアの普及と充実を目指す事業推進についてご理解ご協力を頂きたいと思っているからです。
1、全視連の情報発信と経過そして課題
 みなさんにとって、教育メディア利用や提供、研修等特に視聴覚センター・ライブラリーの取り組むべき課題等について情報収集を行い、それぞれの立場から情報発信し共通理解すことも必要だと思うのです。
 全視連では、みなさんへの情報提供事業として、「視聴覚教育時報PDF版」「メルマガ全視連」「全視連ホームページ」等をネット配信しており、特には「視聴覚教育時報」は紙媒体で昭和29年以来一昨年まで63年の間(昨年度より電子媒体へ切り替え)に亘って情報発信を続けてきました。
 あたり前な事を言って恐縮ですが、ICT化社会の今日、全視連ではさらに情報発信や交流が効果的に行えるようシステムを見直し、SNSを利用して情報発信や交流の場として設定してきましたが、残念ながらその閲覧はそう多くなく、ましてや関係者間の情報交流となるとあまり良い結果は出ていませんでした。
2、情報収集と交流機会
 そこで今年度は、時報PDF版やホームページ、メールマガジン等の充実を図ると共に、SNSを活用して、みなさんが担当されているライブラリー業務や教育メディアに関することについての情報交流が行えるよう、このブログやFacebook等のリニュアルを図りたいと準備を進めています。
 むろん、コミュニケーション機会としての有効活用を図ると共に、ガイドラインもしっかりと設けて、迷惑防止に気を付けたいと思っています。
皆さんが所属する地方の教育メディア施設や教育関係者とも情報交流をぜひお願いしたいのです。


2019/03/26

メディア環境整備の方向を考えよう!


 平成最後の年度末、この全視連ブログも、前担当者の後を引き継ぎ、駄文を書き始めてからはや6年になり、前のブログに加えると10年近くになり、月一回発信を目指しながら、サボってしまったり、問題の多いときは2回3回とピンボケ投稿をしたり読んで頂く方々にご迷惑をかけてきました。
 しかし、1月28日に書きましたが、比較的多く読んで頂ける投稿は視聴覚センター・ライブラリーが抱える具体的な問題や事例についての投稿の場合が多く、どちらかというと理論的な投稿などは殆ど読んでもらえないと言う事がこの6年間の経験を通してわかりました。
 と言うのも、よく視聴覚ライブラリーのメディアセンター化といろいろな場面で言われ書かれていますが、各地で行われている上映会活動等の良さは十分に認識し、推進する視聴覚ライブラリーらしさを否定するものではありません。
 
しかし、それぞれの地域の状況を踏まえながら、今日のメディア環境や利用状況に対応できる体質改善を目指す必要もあると思うのです。
これからの時代、教育メディアの学習利用を効果的に行うためには、学習者の主体的能動的な学びや目的的な研修や講講習等の多様な学習ニーズに対応できるメディアシステムを構築しなければならないと思うのです。
地域における主体的能動的な学びに役立つ教育メディア、例えば、教育映像ソフトの整備利用や地域動画の制作とアーカイブ化等により、ひとりひとりの学習ニーズや能力に対応した問題解決のための情報発信や収集そして利用、さらにはメディアコミュニケーションに役立つメディアシステムの整備も必要だと思います。                                   “そんな事、何度も聞いているよ、そうしたくたって予算がないし、行政も真剣に考えてくれないよ”とよく反論されますが、しっかりとした考え方に基づき、納得頂ける実施計画、支援頂けるシステムを作り階段を一段一段上るような地道な努力をされる事が、時代に沿った新たなメディアシステムの構築につながるのではないでしょうか。
  新たな年号に代わる次年度、また一緒に頑張ろうじゃありませんか!!





2019/03/07

地域と一体化した活動


 2月のブログUPをサボってしまい はや3月ー
 「視聴覚センター・ライブラリー一覧」を見ると、各都道府県では多くの視聴覚センター・ライブラリーが活動の差こそあれ、組織として存在し機能していることがわかります。
 都道府県等の連絡協議会や、さらに全国組織(全視連)への参加云々はともかく、それぞれの地域で活動の差はありますが継続して行われているのです。
 よく“ライブラリーの役割は終わった“と囁かれて久しいですが、多くの視聴覚センター・ライブラリーを見てみると、そうネガティブな見方ばかりではなく活気あふれる活動をしている所も多数あることに気付きます。
 例えば、「視聴覚教育時報デジタル版2月号」に掲載されている某県の”集まれ!メディアの仲間たち“の事例はまさに今日のIT社会にフィットした写真を撮り動画づくりや利用を学ぶための講座や実習をサポートする視聴覚センター・ライブラリーの姿を垣間見たような気がします。
 しかも、この県では長年にわたり行っている、研修講座で技術や理論をマスターした地域の方々を映像ボランティアの方々を組織化し、その支援を得て映像制作や利用について学ぶ機会の提供など、視聴覚センター・ライブラリーマネージメントの在り方に注目したいと思うのです。
 以前、このブログに書きましたが「メディア自体がICT時代のニーズに合わず利用される機会も少ない組織」ではなく、誰もがSNSWEBサイト等で写真や動画を撮り、つくり・くばり・交わる等のコミュニケーションメディアとして扱う時代に入っています。
 全視連でも、ここ数年視聴覚ライブラリーのメディアセンター化という課題に取り組んでいますが、文中に取り上げたような事例を参考にされて、ぜひこれからの時代にフィットした組織活動の在り方を考えてほしいものです。
 無論、地域によって事情が異なるので、一概には言えませんが、しっかりとした目標を持ち、事例として挙げた視聴覚センター・ライブラリーのように存在意義を明確にし、サービスエリア内のメディアニーズに対応できるシステムを確立して欲しいものです。


2019/01/28

全視連のSNS利用状況

 地域視聴覚センター・ライブラリーの関係者の方々に情報発信の機会を持ってくださいとお願いしていますが、実は全視連としても、Webサイトは無論のこと、SNS等を活用して情報発信を行っています。
 しかし、PR不足もあり、なかなか“いいね”も、シェアもなく、ましてメッセージを寄せていただく事はそう多くはありません。
 そこで、この機会を利用して、SNSでの配信を紹介させていただくとともに、このブログのアクセス状況についてもお知らせしたいと思います。

 全国視聴覚教育連盟HP  http://www.zenshi.jp/

 全視連Facebookページ   https://www.facebook.com/zenshijp/

 全視連ブログ(本ページ) http://zenshijp.blogspot.com/

 この全視連ブログですが、拙文でピントのずれた主題で、みなさんの情報ニーズに対応できたかどうかいつも反省しておりますが、主題によっては大勢の方々に読んでいただいており嬉しく思っている反面、逆にほとんど読まれない場合もあります(読んで頂けないのはこちらの責任)。
 いままで、多く読まれたベスト5を挙げてみますとー

 1位 地域のメディアニーズに対応(2017/09/16)

 2位 情報発信を考える(2017/07/26)

 3位 平成30年度合同全国大会速報(2018/11/30)

 4位 平成30年度講師派遣事業講師紹介(2018/06/05)

 5位 事業活動を支えるもの(2017/07/10)

 となっていました。
 逆に、1回~2回程度しか読まれない主題も多数ありました。

 ここに、そのワースト5を挙げたいと思ったのですが、遠慮させていただき、大勢の方々に読んでいただけるようなブログにするために頑張りたいと思います。

 本年度も残り2か月余となりましたがよろしくお願い致します。

2019/01/14

自作視聴覚メディアの有効活用

  昨秋の全国大会では、広島市の映像文化ライブラリーの地道で優れた活動の見学や各地の特徴ある実践発表等により充実した大会になりました。

 平成の年号が変わる新たな年度は、関東地方で開催する方向で検討されているようですが、全視連としては、皆さんのお役に立てる企画を検討している最中です。
 さて話は変わりますが、生涯学習に役立つ視聴覚センター・ライブラリーの機能のひとつとして、視聴覚メディア(映像・動画・紙芝居等々)の自作とその利用があると思います。
 自作視聴覚メディアについては、長年にわたり(一財)日本視聴覚教育協会をはじめ、国レベルの特色ある自作映像コンテストや各地方自治体単位のコンクールまで多く実施され優れた作品が発表されています。                        
  特色ある視聴覚センター・ライブラリーの中には、地域の自作映像教材や動画教材等を従来の貸し出しシステムに加え、SNSを利用したり、Webサイトを活用しアーカイブ化して配信利用に供している所もあります。
しかし、多くの国レベルや地方自治体のコンクール等で選外となった作品は無論のこと、場合によっては受賞した作品まで公表されることなく出品者へ戻されているようです。
 無論、著作権処理の問題もありますが、自作された団体グループや個人の方々としても、自分の作った作品が大勢の方々に利用され、それぞれの学習等に役立つとすれば出品した事が役立ち納得されるのではないでしょうか?
 しかし、国レベルをはじめ各地方自治体では、そのような自作視聴覚メディアを多くの方々が利用できるシステムが整っている所は必ずしも多いとは言えないと思うのです。
 もしも、許されるなら、著作権処理を適切に行い、各生涯学習施設や学校等において、適切なルールとシステムのもとに利用できるようにすれば、視聴覚センター・ライブラリーの“目玉機能“のひとつとして存在価値が見直されるのではないでしょうか。



2018/12/28

新たな年の挑戦!

 間もなく今年も暮れようとしています。
 この、全視連ブログも、11月に掲載した「平成30年度全国大会合同大会速報」が、多くの方々に読んで頂けたようで有難うございます。
(一番多かったのは9月の”地域のメディアニーズへの対応”でした。)
 さて、今年は、全視連にとっていろいろな事がありました。
 井上孝美前会長の任期満了に伴う退任と、生田孝至新会長の就任、吉川副会長の逝去、長年続いた「視聴覚教育時報」の電子化、加盟団体の微減さらに16ミリ映画フィルムの廃棄の増加等々です。
 平成と言う時代が終わる年、私たちが目指すメディアセンター化理念を踏まえつつ、視聴覚センター・ライブラリー担当者や関係者は、当面している問題にどう取り組めばいいのか考えるひとつの機会になると思います。
 現在、視聴覚センター・ライブラリーに関わる方々(担当者や関係者等)が、社会教育における教育メディアに関する研修や講習の機会を得ているのでしょうか?
 全視連としても、微減状況にある視聴覚センター・ライブラリーが県や国レベルの連合団体から離脱している現状にどう対応したらよいのか?極めてシビアな問題に当面している現状があります。
 目指すべき方向や理念を声高らかに言うだけでなく、私たちは、その地方・地域にあった対策について一緒になって考え、あるべき姿を実現させるために、一段一段石段を上る確かな姿勢や努力が大事ではないでしょうか。
 また、地域視聴覚ライブラリーの連合団体も、年度計画を考える中で、多くの地域視聴覚ライブラリーが参加する事による地域活動でのメリットを具体的に示し前向きな姿勢で臨むことが大切だと思うのです。
 言うは易し行うは難しですが、新たな年を迎えるにあたり国や都道府県市町村レベルでの具体的且つ積極的な挑戦に期待しています。

 視聴覚センター・ライブラリー関係者そして利用者の皆さん、どうぞよいお年をお迎えください!

2018/12/01

16ミリ映画フィルムの管理について

 各視聴覚センター・ライブラリーには、多くの16mmフィルムが貸出用として保有されていますが、その管理上の問題について考えてみましょう。 
 16mm
フィルムは大抵、映写用のリールに巻かれ、正方形のケースに入った状態で、常温の棚に保管されていると思います。
 なるべく、年に1回程度ケースからフィルムを取り出して、状態を確認しながら巻き返す作業をすると良いと思いますが、その際に酢酸臭を発しているフィルムが見つかったら気を付けた方がいいです。
 酢酸臭がすると言うことは、16ミリ映画フィルムの劣化が進行している証拠で、この症状をビネガーシンドロームと言うそうで、劣化の進行を止めることはできませんが、冷蔵または冷凍保管することによって、進行を遅らせることは可能のようです。
 
また、劣化したフィルムの上映はなるべく控えた方がよいかも知れません。 
16mm
フィルムはアセテート・フィルムという種類で、燃えないわけではありませんが、常温で自然発火することはありません。 
 温度と湿度が低く一定に保たれた適切な収蔵環境を持っている場合で、フィルムをリールから外して3インチのコアに緩く巻き直し、長期保存用の通気の良いケースに入れ替え、水平置に保管しておくとよいでしょう。 
 ケースにもよりますが、複数のケースを積み重ねない方が良いようです。
 
劣化が進行しているフィルムを、袋やケースから出して巻き返すと、酢酸臭が弱まることもありますが、劣化の進行が止まるわけではありませんので、低温低湿の環境で保管するとよいと思います。