2018/07/03

新体制で事業進行中!


1、全視連新会長に生田孝至氏決まる
 すでに、視聴覚教育時報電子版にも書かれていますが、昨年度末で井上孝美全視連会長が任期満了に伴い退任された事はこのブログや時報等でご存知の通り事です。
 長い間、全視連のために、いや日本の教育メディア利用普及充実の為にご尽力いただいた事には、心から敬意を表したいと思います。
 井上孝美氏に代わり、本年度より生田孝至(一財)日本視聴覚教育協会会長が全国視聴覚教育連盟会長として就任され、過日の文書理事会において承認されました。
 生田孝至新会長については、皆さんご存知のように、日本の教育メディア研究及び指導者として長年にわたり活躍されておられる方であることは、学会や研究大会,著書等を通じてご存じの事と思います。
 今、曲がり角に立っているとも言われる全国の視聴覚センター・ライブラリーのこれから進むべき道についてリード頂けるものと期待されます。 
 また、故吉川刀夫副会長に代わり、本年度より、同じ茨城県視聴覚教育振興会会長の鈴木等氏が副会長に就任されましたのでお知らせします。


2、本年度事業順調に進行中

 遅ればせの報告で恐縮ですが、本年度事業としての講師派遣事業等も順調にスタートし、すでに完了し実施報告書が送られて来ている所もあるようです。
 本年度は、教育メディア連絡会議の話し合い結果を受けて、講師派遣事業による研究会や講座等の参加者を対象に市販映像教材の利用についてのアンケートをお願いしており、すでに講師派遣事業実施報告書とともにアンケート結果も送られてきています。
 また、本年度の全視連視聴覚教育功労者表彰の推薦についてもほぼ集まっているようで功労者選考会議を待つばかりのようです。

 新たなスタッフと、時代やユーザーのニーズをしっかりと踏まえた、新たな全視連の再出発になればと願っています。